初心に返る副業アフィリエイト

旧初心に返るアフィリエイト過去ログの一部(アフィリエイト初めて3ヶ月で月売上げ200万円を出した後、 一向に成果が出ず初心に戻りアフィリエイトを考えていくページ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心に返る副業アフィリエイトサイトマップ

スポンサーサイト

マッチスマート続報:アドセンスとの徹底比較

マッチスマートでの検証をしていたところ、
なかなか面白い結果がでてきました。

とりあえず、マッチスマートで20くらいのサイトを申請して
検証をしてみたのですが、

特に、結果としてわかりやすくするため、
アドセンスとしての比較で3つのサイトで例を挙げます。

●マッチスマートをアドセンスで張り替えて比較

具体的には、アドセンスで1日20ドル稼ぐサイトを3つ
すべてマッチスマートに張り替えて検証してみます。

(サイトA):1日:平均700ユニーク、5000PV(ブログ):アドセンスクリック率5%
(サイトB):1日:平均50~100ユニーク、300PV(サイト):アドセンスクリック率20%
(サイトC):1日:平均300ユニーク、1500PV:(ブログ):アドセンスクリック率5%

マッチスマートに張り替えた結果

(サイトA):1日:成果0円(クリック率0%、クリック回数)
(サイトB):1日:成果2000円(クリック率33%、クリック単価50円くらい)
(サイトC):1日:成果500円(クリック率1.5%)

もちろん、誤差がありますが、こんな感じになりました。

●面白い結果1

ここで面白いのが、
サイトBとサイトCは、サイトの趣旨は違うものの、
大まかなカテゴリは内容は同じです。
(例でいえば、クレジット関係のサイトで、AとBは違う商品を扱っているというような意味)

表示される広告も、まったく同じものがでています。
しかし、サイトBでは、クリック率が30%超えをして、アドセンスよりも高クリックを出しているのに
ブログだと、広告がマッチしていても、1%程度にしかならないというのが、とても面白いです。

●面白い結果2

サイトAは、アクセス数もPVも多く、広告数も豊富です。
アドセンスではなく、ブレイナーとか、他社の広告を張っても
かなりクリックされるサイトです。
そのサイトですら、マッチスマートでは、1クリックもされないというのが面白すぎです。
見てみると、確かに広告の内容がまったくマッチしていないです。

しかし、サイトBではアドセンス以上に広告がマッチしています。
そのため、サイトの内容によって、アドセンスどころか、アドコンやブレイナーよりもマッチせず使えない場合もあれば、
アドセンス以上にコンテンツマッチ力があることもあるということです。

●マッチスマートのクリック単価

サイトにもよりますが、低いところは、クリックが4円~5円、
私の平均としてはクリック単価40円~50円、
一番高いサイトだと、1クリック91円のサイトがありました。

●マッチスマートはアドセンスの変わりとなるか?

正直なところ、アドセンスの変わりにはならないでしょう。
ただ、アドセンスで月100万稼げる人は、
マッチスマートでも100万稼げるのではと私は思います。
(アドコンやブレイナーでは、ちょっと無理)

もっとも、アドセンスのようなサイト量産方法では難しいので
アドセンスより、さらにサイトとキーワードを選定して、高単価のクリック報酬を見分けて、
そこにアクセスを呼び込むという方法になりますが、
やり方次第では、アドセンス並に稼げます。

●個人的にはかなりお気に入り

私はアドセンスのアカウントはまだありますが、
リスク分散のため、マッチスマート+成功報酬型に切り替えることにしました。
アドセンスの理不尽な警告がイヤなので(笑)

マッチスマートの担当者さんとは、もう5、6回メールをしていますが
googleと違って、ちゃんと的確な解答が返って来ますし、すごく返答も丁寧です。


●マッチスマート1アカウント複数サイトの裏技

また、マッチスマートは基本的には1アカウント1メールアドレス1サイトで登録しなければいけませんが、
担当者さんに問い合わせをして、URL一覧を作り、
そこを基点として、コードを生成すれば、複数サイトを1アカウントで管理してもよいとご返答をいただいたので
(このとき、複数のサイトをすべて承認をうける必要がある)
報酬の表示が、googleのチャネル機能のように、URLごとで分けられないのはちょっとつらいのですが
マッチスマートに問い合わせをして、このような裏技を使えば、1アカウント複数サイトの運営もできます。

●マッチスマートのデメリット

とにかく、管理画面が重いです。ログインも時間がかかります。
これはどうにかしてほしいです。
また、報酬のレポートをHTMLやCSVでみようと、出力してもいつになっても
出力されません。これは困るなぁ。

ただし、日によってはちゃんとレポートが出力される場合もあります。
サイトごとに、広告を管理すれば、
広告ごとの広告報酬額とクリック率がわかるので
広告ごとの管理=サイトごとの管理にすれば
googleのチャネルと同じように、サイトごとの統計はとれます。

とりあえず、1アカウント複数サイト運営の裏技を使えば
複数サイト管理ができるので、デメリットは1つ減りました。


●マッチスマートのメリット

サイトの内容によって、アドセンス以上にコンテンツマッチ力があることですね。
(逆にいえば、サイトの内容によって、ブレイナーやアドコンマッチにも劣る部分もある)

そして、アドセンスをのぞけば、クリック報酬としては今のところ、2番に位置するのではないでしょうか。
私の中ではようやく、アドセンスの変わりの広告ができたので嬉しいです。

アボセンスをされた方や、アドセンスに危機を感じている方には朗報でしょう。

また、「1サイト1アカウント」で申請をした場合は
何か不祥事をおこしたとしても(笑)
アドセンスのように、全サイト抹消というのはないのがよいですね。
(ただし、上の裏技のように、1アカウント複数サイトにした場合、
1つのサイトで不正やマッチスマート規約違反をすれば、すべて無効になります。
マッチスマートの担当者さんにもここは指摘されたので、要注意)

とりあえず、150くらいのサイトをマッチスマートに申請したので、
少しずつ、マッチスマートに切り替えて、クリック単価を見ながら
切り替えて利用するかもしれません。

マッチスマートを試すが、広告が表示されない

クリック型報酬として、アドセンスを代表にアドコンマッチやらブレイナーやら
いろいろ出ていますが、先日バリューコマースから
マッチスマートというクリック型アフィリがスタートしました。

コンテンツ解析はYahoo!ということで、クリック報酬の中では
期待できるのではと思い、さっそく3サイトほど登録してみました。

マッチスマート関係の記事は、情報が少ないのですが
以下のサイトに掲載されています。

「アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)」さん
新マッチスマートを使ってみたよ♪
http://afl.seesaa.net/article/23369510.html


「アボセンス - Google AdSense アカウントの非承認」さん
マッチスマート(Matchsmart)
http://pitiful.seesaa.net/article/23076993.html
マッチスマート-登録審査通過
http://pitiful.seesaa.net/article/23593664.html


●審査は当日承認

マッチスマート、今日の午前中に申請して、午後には審査が通りました。
なので審査は非常に早いなと思ったのですが人によって5日かかったとかいう生記事もあったので
ある程度まとめて、一括承認しているのでしょうか。

●ログインページ重すぎ

メールに記載されているログインページのURLをクリックして
ログインすると、ログインのページが重すぎです。

バリューコマース=管理画面が複雑+操作重すぎ
というイメージがありますが
(でもバリューコマースには稼がせてもらっているので好きですが)
マッチスマートも例外ではなく、ログインだけで1分以上かかりました。
どういうことなのでしょう。
(ヘルプ画面は早い)

夕方頃やってみましたが、どの時間もこれだけログインに時間かかるのは困りますね。

●管理画面はちょっと複雑

ログインした後、管理画面がでてくるのですが、
初めて見ると、かなり複雑だなというのが第一印象でした。

アドセンスを基準に考えると
他のアドコンマッチや、ブレイナー、CMクリックはすぐに広告を設置できるのですが
マッチスマートは、マッチスマート独自の管理画面で
ヘルプを見ながら作業をしないと、よくわかりませんでした。


●掲載ルール指定

まず、「掲載ルール」というものを指定します。

具体的には広告のタイプをキーワード連動型(文字通りキーワードに連動して広告が表示される)にするか、
コンテンツ連動型(アドセンスのようにコンテンツから解析して広告を表示)にするかを選んだ後、
広告が表示されなかったときの代用キーワードの指定や非掲載広告の指定などを行ないます。

●掲載枠設定

こちらは、アドセンスでいえば、アドセンス広告の色や大きさ、表示タイプなどを指定します。
背景をとけこませたり、リンク色を指定したりですね。

アドセンスのカラーパレット画面では、ブラウザでこんなことができるのかと
ちょっと感動しました。

まるで、フォトショップなどのグラフィックソフトをいじっているような感覚で
カラーパレットを選択できます。

ただ、カラーパレット画面もかなり重いので、
広告色はベタ打ちで、文字をうったほうが早く設定ができます。
(背景が白なら「#FFFFFF」)

●しかし広告が表示されない

で、一通り広告設定をして、コードを出力したので
ページに貼り付けたのですが、まったく広告が表示されません。

「アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)」さんでも広告が表示されない様子。
「アボセンス - Google AdSense アカウントの非承認」さんでは
キーワードを「アフィリエイト」で出すと、表示されなかったようで
「出会い」にすると一件広告が表示されたとの記述がありました。

そこで、私も必ずあるであろう、簡単なキーワードを指定したのですが
これでも広告が表示されませんでした。

よくわからないなぁ・・・・

●一サイト1つしか登録できないのが欠点

クリック単価やコンテンツマッチ力が現在のところわからないので、
他のクリック報酬と比較のしようがないのですが
マッチスマートの場合、1サイト1アカウントの登録になります。
(アドセンスや、アドコン、ブレイナーは複数サイトできる。
CMクリックはトラフィックゲート経由だから、1サイト1アカウント)

しかも、同じメールアドレスが使えないため、
1アカウント登録するたびに、メールアドレスが必要になります。

私の場合、さくらインターネットを使っているため
メールアドレスが無限にできるので
アカウントごとのメールアドレスを使って申請しましたが
結構面倒かもしれませんね。

もうマッチスマート関係の情報を集めて検証することにします。

PS
そういえば、先日アドコンマッチで1クリック50円というのがありました。
コンテンツマッチ力もあるサイトの分野では、結構適合するので
表示広告がわかれば、結構いけるかも?

マイクロソフトが「Googleアドセンス」で対抗?

マイクロソフトが「Googleアドセンス」で対抗

クリック型保障のアドセンスなどを得意としている方は
興味あるニュースだと思います。
マイクロソフトが「Googleアドセンス」に対抗ということで
「ContentAds」というようですね。

記事元は
http://jp.techcrunch.com/archives/pilot-invites-go-out-for-microsofts-adsense-competitortechcrunch-web20-adsense-microsoft-contentads/

YPN(Yahoo版のアドセンスYahoo! Publisher Network)と同様
まだアメリカのみのようなので、国内はまだですが

今、クリック報酬はアドセンスが独壇場なので
YPNと、上のContentAdsが国内に上陸して、
単価とコンテンツマッチ能力が他のコンテンツクリック報酬を抜けば
楽しみな存在になりますね。

アドコンマッチで1クリック単価40円(過去最高)+穴場リーフィ

アドセンス以外のクリック報酬もここ数ヶ月研究しており、
(具体的にはアドセンスを張るには、コンテンツ不足で危険ではないかというところに張って検証)
ブレイナー、アドコンマッチ、CMクリックの3つを検証しているのですが
ブレイナーは1クリック10円~20円、
アドコンマッチは1クリック1円~10円、
CMクリックは1クリック10円~13円くらいでした。

特に、

アドコンマッチ→単価安すぎ→使えない

という定説(笑)も2chとかで見て、確かにそうだよなぁと思っていたのですが
しかし、先日、アドコンマッチが「1クリックで40円」というものがありました。
単価が高い広告はあるようですね。
(2006.9.11追記:1クリック50円のアドコンマッチクリックがありました)


さらに、アドコンマッチでは、面白い検証がでてきます。
貼り付けてから、広告がマッチするまでに、時間がかかるようです。

記事元は忘れたのですが
アドコンマッチは3週間すると、広告がマッチするという記事を読んだのですよね。
(確かどこかのブログか2chで)

普通にテキストマッチのアルゴリズムを考えると

そのページのテキストを読み込む→解析してマッチする広告を出力

でしょうから、期間をあけたところで、広告の内容がマッチする
というのは、あまりないのではないかと思ったのですが
最初の2週間はほとんどクリックがなかったサイトが
2週間後から、急にアドコンマッチの広告がクリックされてはじめて、
それから1日数百円にはなっていました。

ブレイナーでも1日1000円程度はいきますし
アドセンスやその他成功報酬型と組み合わせて、やり方次第では、面白いことになりそうです。

それと、前回の記事で「アフィリエイトで稼ぐ最短距離とリスク分散と広告把握」というところで
広告分析の記事を書きましたが、思わぬところから、成果がでていました。

です。


リーフィには「独占検索機能」というものがあり、他のASPと違ってリーフィにしかない広告は「独占」というマークがついています。
「独占プログラム」にチェックをつけて検索(キーワードは空白)すると
他のASPにはなく、リーフィだけにある広告の一覧が表示され、この機能が他のASPにはないので、
この広告に特化したサイトを作成していたのです。

ASPの中では決してメジャーではないので、私も軽視していて
前回書いた広告の一覧を作った後、一サイトだけ投入して、1ヶ月くらいたってもまったく成果がでなかったので放置していたのですが、
忘れた頃ログインをしたら、成果がでていて、
クレジットカード並に報酬が高いものを扱っていたので、それなりの額になっていました。
やはり広告の選定作業は必要ですね。

今回は、あまりアフィリエイトサイトでは記事にされない
アドコンマッチとリーフィの記事を書いてみました。

アフィリエイトで稼ぐ最短距離とリスク分散と広告把握

ブログ再開して、初めての記事です。
気まぐれですが、たまに更新することにします。

アフィリエイトで稼ぐにはいろいろな手法があるとは思うのですが
最短で、例えば月100万稼ぐ方法を考えると

・アドセンス
・情報起業(インフォカートなど)

今は、この2つが一番最短で稼げる方法であると私は思っています。
(もっとも情報起業は私はやったことありませんが。
それと、上記2つに競争率はものすごく激しいでしょうが出会い系やアダルトも稼げる方は凄いのでしょうね。
私はこちらもやったことありませんが)

特にアドセンスは、読ませるだけの文章を書く(+リサーチする)労力と稼ぐ分野さえ見つければ、
簡単に何十万単位(~労力をかければ何百万単位)のお金を稼ぐことができるので
もっともアフィリエイトを始めた人が稼ぎやすい分野であると思います。

一方、私がアフィリエイトをやっていて思うことは
1つの収入分野に特化して稼いでいると、かなりリスクがあると感じるのです。

私自身、アドセンスから警告が来たことがあり
(私の場合は、コンテンツの内容が充実していないところにアドセンスコードを貼ってあるので
削除してくれ、ということで修正しましたが)
例えばアドセンスに特化していれば、アドセンス狩りでアドセンスのアカウントが削除されたり
別の理由でアカウントを削除されることも考えられるわけです。

これはアドセンスに限らず、別分野にも同じことがいえ、
ある1つのアフィリエイトの収入源(同じ広告)に限ると
広告主が撤退したり、予算上限(これはJanetなどよくある)に達すると
広告の効果がなくなるなど、ありえるのですよね。

「稼ぐ」という目的だけ考えれば、上記のようなアドセンスや情報起業のような
最短距離を突っ走るのが一番良いと思いますし
貯金を今のうちにためて、後に備えるというのも1つの方法だとは思いますが、
私はやはり本業と共に副業でも「安定収入」を望んでいるので
時間がかかっても、安定収入をする方法を模索しています。

そのため、今私が行なっているのは、「リスク分散」で
万遍なくいろいろなASPから収入が入るよう、少しずつ手をうっているところです。

具体的には、

・目標総計月額を決める
・各ASPごとの目標月額を決め、目標総計月額に達するよう振り分ける
・すべてのASPの広告に目を通す
・その中で、比較的高額な商材をExcelでリストアップする
(安くて、成約しやすいサイトをリストアップするのもよいのですが、労力にあわないので)
・Excelで作ったリストから
-自分の書けそうなもの
-他のASPにはないもの
-広告に特色があるもの
に印をつける
・印をつけたものについて、サイト作成案を練る+サイトを作成する

というようなことをやっています。

一番大変なのが、各ASPから商品をリストアップする作業で、
数週間かけていますが、まだ半分も終わっていません。
私が一番得意とするJANetや、比較的広告が少ないバナーブリッジなどは終わっていますが
バリューコマースアクセストレードなどはまだ半分も手をつけていませんし、
A8.netTG-アフィリエイトプログラムなどはまったく手をつけていません。

たぶん、これってやると全部数ヶ月はかかると思うのですよね。
しかし、「広告を把握する作業」というのは「リスク分散」する上でとても大切だと思うのですよね。

「広告に何があるかを把握する」ということは、
「自分の視野を広げる」という意味でも役立ちますし
「穴場の広告を見つける」ことができます。
結果、「他の人が作っていないサイトを作る可能性」が高くなり、「儲けられる確率も高く」なるわけです。

また各ASPからの収入を考えると、無料資料請求、物販、クリック報酬、
様々な分野で、稼ぐことが求められます。

大変ではありますが、稼ぐことができたときに、どの分野でも稼ぐことができるようになっているため、
本当にアフィリエイターとしての力がついていると思うのですよね。

ものすごい労力はかかりますが、「安定収入」を考えるには
「どのような広告があるかを把握する」
この作業は避けられないと思います。

アフィリエイトの確定申告:詳細(FAQ付)

確定申告に行って来ました。
さすがに混んでいましたが、
白色申告なので、あっさり終わってしまいました。

ところで、確定申告をする際に、私は初めて確定申告をするので
1000ページくらいは「アフィリエイトの確定申告」について調べました。
普通のページから、ブログ、掲示板、2chなどかなりの量、調べました。

しかし調べ方が悪かったのかもしれませんが
普通の確定申告のサイトはあっても
アフィリエイトの確定申告としては、あまりに役立つサイトがなくて・・・・・
(2chの記事はとても役立ちました)

たいていが確定申告のことに少し触れて
アフィリエイトのAmazonの確定申告の本に誘導しているパターンのサイトでした。
これを見て苦笑いでした。

私自身、確定申告の書籍も買って勉強をしました。

もちろん、せっかく買って手に入れたノウハウを
アフィリエイトで回収したり、少しでも儲けたいという気持ちはわかるのですが。

しかし、アフィリエイターから一ユーザーに戻ってネットを調べると
アフィリエイトサイトばかりで
役にたつサイトを探そうとして、見つからないのです。
見るサイト、アフィリエイトサイトばかりだと、さすがにうんざりしてしまいした(苦笑)
本当に売り込みをしているサイトがどれだけ多いことか。

これが、アフィリエイトサイトの現状だということを再認識しました。

「売り込みばかりが先行して、役立つサイトを作ること」を忘れている、
たぶん、そういう方のサイトからは売上げが発生しにくいのでは
と、いろいろなサイトを見て思いました。

ということで、今回はアフィリエイトの確定申告で
私が個人的にネットで調べて見つけられなくて、
税務署で調べたことなどもあわせて、アフィリエイトの確定申告の話をしようと思います。

確定申告については、まったくのど素人なので、間違い等あるかもしれませんが
その時はご指摘いただければと思います。

この記事がこれから、今年これから確定申告をする方、
また来年以降、アフィリエイトの確定申告で役立ててもらえれば嬉しいです。

(他のページでも載っている確定申告の情報は割愛。もしくは簡略化させていただきますが、
 他のページにあまり載っていなかった
 アフィリエイトの確定申告の情報をピックアップして掲載していきます)


●アフィリエイトの確定申告には4つの方法がある

どうやら、アフィリエイトで確定申告をするには4つの方法があるようです。

(1)雑所得
(2)白色申告
(3)青色申告10万円控除
(4)青色申告65万円控除


実は私が初めて、アフィリエイトの確定申告をするときに、
(1)と(2)がごっちゃになっていました。

雑所得=白色申告だと思っていたのですが、違うようなのですよね。
(知っている人には、そんなこともわからないのかと怒られそうですが(笑))

私が最初、そう思いこんでいた原因なのですが

私の場合は、本業はサラリーマンで副業でアフィリエイトを行っています。
そこで、市販で売られている確定申告の書籍を見てみると

サラリーマン+副業の組み合わせは、5,6冊読みましたが
すべて(1)の方法(雑所得)の申請が書かれています。

たいていは、副業で原稿料を受け取るという形で、
「申告書A」で書かれているのですよね。

(申告書については、国税局のページ
 https://www.keisan.nta.go.jp/h17/syotoku/ta_menuX.htm
 で選べます)


一方、ネットのアフィリエイトの確定申告を見ると、
白色申告の記事が多いので、勝手にそう私が思いこんでいました。

(2)白色申告、(3)(4)青色申告は「事業所得」というものに含まれるので
(1)とは別物のようです。

そのため、一般の白色申告、青色申告をアフィリエイトで行うと、
市販の確定申告の書籍とは違った流れで、申告をする必要があるようです。

ちなみに、(2)白色申告、(3)(4)青色申告は
「申告書B」を使います。

●雑所得と白色・青色申告の最も大きい違いはどこか?

これは人によって違うと思うのですが
アフィリエイトの場合、大きく違うのが「経費」のようです。

経費というのは、アフィリエイトで収入が100万あって、
そのうち、プロバイダ費や、レンタルサーバー代10万円があれば、
それが経費として入れられます。

アフィリエイトの確定申告は「所得税を払う」のですが、
アフィリエイトの所得(90万)=収入(100万)-経費(10万)
なので、経費が多ければ、所得が少なくなり
払う所得税を少なくできるということです。

そのため、経費として認められるものが多ければ多いほど
払う所得税が少なくてすむわけです。

ただ、「雑所得」の場合、通常はプロバイダ費やレンタルサーバー代が
「経費として認められない」ようです。

ネットで雑所得の確定申告を調べると、
経費として認められるという情報がほぼ100%占めていますが
プロの記帳の方(記帳サービスの会社)に私の方で問い合わせをして、
記帳サービス経由から”税務署に問い合わせ”をしていただいたところ、
税務署の回答として、「アフィリエイトの雑所得の経費として、基本的に認められない」という
答えが返ってきました。

アフィリエイトの経費として認めてもらうには、白か青の申告が必要であるということのようです。

きっと税務署によって違うので、場合によっては経費として認められるのでしょう。
しかし今回の税務署の答えはそうでした。

そのため、アフィリエイトの確定申告をする場合に、確実に経費を出したい場合、
書籍に載っている(1)雑所得ではなく
(2)白色申告か(3)(4)青色申告を出した方が良いようです。


●どんな人が確定申告をする必要があるか?

年間の給与所得が2000万円を超える人、
または年間の副収入が20万円を超える人は確定申告が必要。
アフィリエイト収入でいえば、一月1万円ちょっといく方は要注意です。

ただし、副業のために、アフィリエイトやSEOのに本を買ったとか、必要経費を差し引いた額が
20万円以上ということになります。

ただし、上でも書きましたが(1)「雑所得」の場合は、アフィリエイトの場合は
一般的に必要経費として認められないので、(2)白色か、(3)(4)青色
を出す必要はあります。

●確定申告はいつするのか?

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得を対象に
その翌年の2月16日から3月15日に申請をします。
(土・日・祝日は除く)

●税率は

課税される所得金額(おおよその金額)/税率/控除額
330万円以下/10%/0万円
330万円超~900万円以下/20%/33万円
900万円超~1,800万円以下/30%/123万円
1,800万円以上/37%/249万円

●発生主義と現金主義について

確定申告は、1月~12月まで1年を通じた収入を元に計算します。

ところで、確定申告のことを調べると必ず出てくる言葉が
「発生主義」と「現金主義」という言葉です。

これは取引の記録の日付をいつにするかという判断基準で、
取引契約が成立した時点の日付にすることを「発生主義」
実際に現金のやりとりが行なわれた時点の日付にすることを「現金主義」と言います。


●年度末の計算

ここで厄介なのが年度末の計算です。
アフィリエイトの場合、アドセンスや、A8.net、Janetなど
11月末や12月末に確定したものは、1月や2月に振り込まれる場合ですが
通常は、(2)白色申告、もしくは(3)青色申告の10万円控除の場合((1)の雑所得もたぶんそう)は、
「現金主義」なので、11月末や12月末に確定して、1月、2月に振り込まれるものは次年度以降、

(4)青色申告(65万円控除)の場合は、
「発生主義」なのでまだ振り込まれていないものでも
「売掛金」として記帳して、その額を確定申告として加算して
その分所得税として納める必要があります。
(来年度に振り込まれたら、「売掛金の回収」として2段階処理をする)


●年度末の計算2(白→青への切り替え)の厄介な計算。白でも「発生主義」で計算する

白色の場合、「現金主義」なので年度末までに振り込まれたものを書けばよい
つまり、12月31日までの振り込み金額の総額で、

青色の場合、「発生主義」なので、12月に確定して、例えば1月末(アドセンス)や

2月に振り込まれるようなもの(JanetやA8netとか)などは
売掛金として計算しますが

今年、(2)白で申告して、来年(4)青(65万円控除)で申告をするときに
去年分の12月のアドセンスやJanetの11月、12月分(今年1月、2月振込み)を
今年の白で扱えばよいのか、来年の青で扱うのか、
という問題がでてきます。

そこで、税務署で聞いたところ、
(2)今年の白
で扱うそうです。


つまり、アフィリエイトで事業所届けをしていなくて
来年、青色申告(65万円控除)をしたいなと思っていて、
白色申告と一緒に、事業所届け+青色申告の届け出を出すときは
白色であっても「発生主義」として計算する必要があるようです。

そのため、今回私は白色申告をしましたが
11月、12月に確定し、1月、2月に振り込まれたものも
今年の確定申告として、出してきました。


●白色申告はかなり経費が適当

よく、青色申告の方が経費が認められて、
白色申告の場合は経費が認められにくいと言いますよね。

実際そうなのですが、白色申告を出したら、
ほとんど書類上のチェックもさっとしただけで
経費についてはまったく触れませんでした。

今回白色の経費として経常したのは、

・プロバイダ費(全額)
・レンタルサーバー費(全額)
・家賃2/7(一週間のうち、2日家でアフィリエイトをやっているという計算で経常)


だったのですが、ノーチェックで通ってしまいました。

領収書や、貯金通帳などかなり詳細なものも持っていったのですが
ノーチェックです。

こんなことだったら、電気代やら、他にももっと他にも経費として経常できそうでした。
税務署によって違うかもしれません。

とはいえ、領収書や通帳などは7年くらいの保管義務はあるので
とっておかなければいけないのは一緒です。


◆アフィリエイトの確定申告FAQ

何個か私がアフィリエイトの確定申告をする際に
上記のものとは別に税務署に聞いて答えをもらったものがあるので、
書こうと思います。

●(4)青色申告(65万円控除)から(3)青色申告(10万円控除)や(2)白色申告の切り替えはできるか?

青色申告をする際には、「所得税の青色申告承認申請書」というものを提出する必要があります。
国税庁のページ
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/09.htm
からPDFがダウンロードできますが、
この時に、簿記の付け方として、
複式簿記か、単式簿記を選ばなければいけません。

複式簿記は(4)青色申告(65万円控除)

単式簿記は(3)青色申告(10万円控除)
なのですが、

(4)青色申告(65万円控除)
の複式簿記って、会計ソフトが必要だと言われるし、
素人でもできるのかっていう不安がありますよね。

それで
とりあえず、複式簿記は(4)青色申告(65万円控除)(複式簿記)
で申請して、翌年申告するときに無理そうだったら
(3)青色申告(10万円控除)や(2)白色申告への切り替えはできるのか?

という質問を税務署の方に質問をしたところ、
「切り替えはできるそうです」


そのため(3)青色申告(10万円控除)や(2)白色申告を考えている人でも
(4)青色申告(65万円控除)(複式簿記)で申請して、
無理そうだったら、3)青色申告(10万円控除)や(2)白色申告で申請という方法が良いかもしれません。

●副業が会社にばれないための方法は?

これはいろいろなサイトでも書かれていますが
住民税の支払いを「普通徴収(自分で支払う)」にしておけば
とりあえず、ばれることはないようです。

●住民税の支払いは、複式簿記の場合、どうやって経常するのか?

上記の住民税の支払いを、自分で払うときに
アフィリエイト収入から、払う場合は、
青色申告で複式簿記上、
「経費」として換算するのかということを聞いてみました。

答えは「事業主貸」として計算し、「経費としては含めない」そうです。

●申告書提出は、カラー印刷をしないといけないのか?

確定申告の書籍をみると、カラー印刷をする必要があると記述されている書籍がありますが
国税庁のページを見ると、平成17年度はモノクロプリンターでの印刷も可になっていました。

実際、私は税務署にいって、そこにあるPCから印刷しましたが
モノクロででてきまして、それを提出しました。

●青色申告(65万円控除)で、商品の売掛金がわからないものについて

通常、青色申告(65万円控除)をする場合
毎日帳簿をつける必要があって、何か商品が売れたら、
その商品が売れた日に「売掛金」として計算し、
確定したところで「売掛金の回収」をする必要がありますが
楽天、A8net、ビッターズ、電脳、Amazonだと商品を売って
これを毎回売掛金として計算するには量が多すぎるし、
把握はほぼ不可能です。

そのため、これも税務署に聞いたところ
売掛金の総計を月末にして、売掛金の回収を行なうという方法のようでよいようです。

つまり、A8netで1月3日に500円、1月4日に700円が2件~
などのように複雑な帳簿の付け方をしないで
1月31日に、A8netの売掛金5万円
振込みの3月15日にA8netの売掛金の回収5万円
という書き方でOKのようです。

こうすれば、ASPごとの総計を記述すればよいので
複式簿記もかなり楽になりますよね。


●その他確定申告にあたって役立ったページ

・青色申告の部屋
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1397/

・Allabout 【開業準備】 フリーランスの独立・開業手続
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20030628A/index.htm

・タックスアンサー 青色申告制度
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm

・確定申告の基本からわかりません
http://www.affiliate-net.jp/supportbbs/?no=10

・今年の収入はどこまでか?
http://www.affiliate-net.jp/supportbbs/?no=189

・確定申告の書き方
http://www.jusnet.co.jp/kakutei/k-index.htm

・Allabout 実践!確定申告A様式の記入方法
http://allabout.co.jp/finance/tax/closeup/CU20050216A/
(雑所得の場合役立ちます)

ビッターズ新ASPサービス「アフィリエイト2.0」

biddersが新ASPサービス「アフィリエイト2.0」というものを公開しましたね。

物販の中では、biddersが好きでして
biddersから月々そこそこ売れるのですが
biddersのページを除いていたら、
biddersが新ASPサービス「アフィリエイト2.0」というのが始まったと掲載されていました。

説明を読んでみると、



「アフィリエイト2.0」は、Webサービス機能が利用できる、国内で初めてのアフィリエイトASPサービスです。ビッダーズの商品に加えて本、雑誌、旅行、ダウンロードミュージックなど、アフィリエイターに人気の高い魅力的な商材を取り揃えてまいります。



ほぉ・・・なるほど。

「Webサービス機能」って、AmazonのWebサービスと似たような機能なのですかね?

続きの説明を読むと



【アフィリエイト2.0】を使うためにはビッダーズで会員登録後、アフィリエイトサイト情報の登録が必須です。既にビッダーズの会員の方は、アフィリエイトサイト情報の登録にお進みください。



と書いて有りましたので、私は会員なのでアフィリエイト情報の登録ボタンを押しました。

登録画面では
「アフィリエイトサイト名」「URL」「カテゴリ」「内容」「月間平均PV]が記入例となっていました。

う~ん・・・これって、1つのサイトしか登録できないのでしょうか?
biddersや電脳、Amazonなどは、自分のアカウントに対して、コードが発行されるので
どんなサイトを何個作っても、コード管理は1つなので楽なのですが、
アフィリエイトサイト名とURLを個別で入力させるということは、
1サイトしか登録できないのか、登録できても、別々に集計されるのでしょうかね。

アドセンスみたいに、同じコードを貼って、
統計をとりたいところにチャネルを貼り付けて管理できると楽なのですけれどね。

とはいえ、biddersのWebサービス機能は魅力的なので、時間があったら1つ実験でサイトを作成してみたいなと思っております。

アドコンマッチの検証

googleアドセンスと似たような、クリック型サービス
アドコンマッチに一昨日、登録してみました。


Janetが提供しているサービスで、前々からサービスは知っていたのですが
試験的に、ここ一週間で作った新規サイトに、
アドセンスの代わりにアドコンマッチを適応しています。

目的は「リスク分散」と「実験」の為です。

アドセンスだけで、そこそこな金額がでるようになったのですが
アドセンスって、一方リスクもあると思うんです。

例えば、アドセンス狩りなんて、もっとも大きな例ですよね。

良心があれば、そんなことはしないのでしょうし
人がみんな良心を持った人であればとても素敵な世の中になると思うのですが
実際の世の中は、残念ながら悪意を持った方もいらっしゃいます。

毎日アクセス解析を見ていればアドセンス狩りにあったとしても
翌日ログ提出すれば、大丈夫っぽいですが
報告が遅れた場合に、抹消された後は、
何をいっても、アカウントの復活は現状してもらえないらしいので。
(一応、アドセンスのアカウントを取消しになっても
再登録する手法は、最近知ったのですが、結構大変なことと
既存のサイトにまたアドセンスを貼り付けると
すぐにばれて、アカウントがまた停止になるみたいなので)

自分の身は自分で守るしかなく
収入口は複数もってリスク分散をする、それが理由の1つです。

もう1つは、クリック型報酬の検証の為です。

単価はアドセンスの方が、高いとは思うのですが
その検証と広告の表示がどの程度、精度が高いのかということです。

しかし、昨日、今日実験してみた感じでは
アドセンスの場合は、思ったとおりの広告を表示できるのですが
アドコンマッチの方はいまいち自分が表示したい広告を表示してくれません。
当然、クリック率は落ちるでしょうね。

やっぱり、アドセンスの方が広告数は表示技術が高いのでしょうね。

このサイトからは私は収益はまったく期待してませんので(笑)
実験的にアドコンマッチを使っています。

昨日、今日とアドコンマッチを表示させて感じたアドセンスとの比較として

●メリット
・審査が楽(審査有りとサイト書いていたが、無審査?登録したらすぐに使えました)
・5000円で振り込まれるらしい
(アドセンスは100ドルだから、1ドル115円計算だと、1万円以上ないと振り込まれない)

●デメリット
・振込み手数料がとられるらしい
(みずほ銀行の上野中央支店:3万円未満が105円、3万円以上が210円
みずほ銀行のその他支店:3万円未満が210円、3万円以上が420円
その他の銀行:3万円未満が525円、3万円以上が735円)
アドセンスは振込み手数料を負担してくれる

●その他の違い
・振込みはアドセンスは、翌月の月末、アドコンマッチは翌々月の15日

あと、アドコンマッチのクリック単価を調べていたら
「アレをやったらこうなった。」さんのページで
アドコンマッチの記事が書かれていて
http://surgeon.seesaa.net/article/8414250.html
単価は大体10円~14円と書かれていました。

これを高いとみるか、低いとみるかは
サイトの内容やページビューから判断するしかないでしょうね。

使い方としては、広告数はアドセンスのほうが多いでしょうから
アドコンマッチの広告分析をして、
表示広告の予測がついたら、その方面のサイトで適応するのがよいかもしれません。

アドセンスで1クリック、何百円単位のものもあれば、
数円単位のものもありますので
場合によってはアドコンマッチのほうが高いということもあるかもしれません。

アドセンスと同時に、アドコンマッチもしばらく研究してみようと思います。

2005年アフィリエイトをやってみて年末に思ったこと

久々の更新になってしまいましたが、
今日は今年一年を振り返ってみようと思います。

●今年1月:アフィリエイトに参入

アフィリエイトという言葉さえ、知らなかったのですが
今年アフィリエイトに参入しました。
アフィリエイトは初めてで、知識はなかったものの
趣味サイトの経験が役立ちました。
コンテンツを作り始め、すぐに成果が出たのは翌月のこと。

●2月~3月:月売上げ200万円のピーク

この時が、最初のピークでした。
季節限定サイトを立ち上げ月売上げ200万円を達成して
意外にもアフィリエイトは簡単ではないか、
そう思ったのですが・・・・

●4月~5月前半:売上げがさっぱりなくなる

季節限定モノがおわると、ぱったりと売上げがなくなりました。
その後、アフィリエイトサイトを乱発して作るも、これが売れませんでした。

●5月後半~6月:初心に返りアフィリエイトを見直す

今まで作ったサイトのどこが悪かったのか、
また成功したサイトはどこが良かったのか、
初心に返るため、自分が作ってきたサイトを見直すため、
この「初心に返る副業アフィリエイト」を立ち上げたのも、
それがきっかけでした。

記事を書くうちに、自分はこうやってサイトを立ち上げていったのだ
そう、再認識しました。
(関連記事
売上げを1月で200万円出したのは
初めて契約を結んだASP
ASPの審査
売上げが発生しない理由
ぱくりサイトの結末
ホームページのアクセスを集めるパターンとノウハウ
サイト作成市場調査とライバルサイトの検索
季節に関するキーワードの面白いこと
情報特化サイトを作るため、効率よく情報を集める
ブログをさくらインターネット(とFC2)に設置する
記事の書き方:5つの方法とトラックバック
アフィリエイトサイトとして見せない1:商品画像を使わない
アフィリエイトサイトとして見せない2:googleアドセンスを使わない
検索エンジンの登録の仕方1:googleとYST登録
検索エンジンの登録の仕方2:再利用できるものは再利用する(検索リンクの共通化)
ブログの投稿間隔1:初日~一週間までの投稿

●6月:検索エンジン・SEOに翻弄される

サイトを作り続けるうちに、当るサイトがでてきました。
効率よくgoogleにインデックスされる方法の模索もしました。

(関連記事
googleに効率よくクロールされたため、一週間半で売上げが
1日半で85ページ、googleにインデックス化されました

検索エンジンによって、上位表示をされれば売れることもあれば、
インデックスがURL表示だけになり、売上げが急に落ちることもありました。
検索エンジンに左右される、ページの作り方をしていたのでしょう。

●7月:マーケティングを勉強し始める

私がアフィリエイトページではなく、趣味ページを運営しているときは
常に読者のことを考えて運営をしていました。

しかし、アフィリエイトサイトを運営していくうちに、
自分の売りたいものをメインに考えていないか?
そう考え、読者、つまり顧客主体の考えを身につけるため、
マーケティングを勉強しはじめました。
(関連記事
女性向けのアフィリエイトサイトを作るためのネタ帳
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
何故アフィリエイトでマーケティングを勉強する必要があるか?


●7月~8月:成果がではじめる。特にJanet参入して効果が現れる

5月~6月の氷河期を超え、7月にようやく売れ始めました。

またJanetにも参入をしました。
今までは作ってから、すぐに成果がでなかったのですが
作ってすぐに、報酬が発生するようになってきました。

それとバリューコマースを使って本格的なサイトを作ろうという計画もたてました。

(関連記事:
Janetを使い1日3000円以上の成果が出ました
バリューコマースに参戦

効果が出るようになり、読者さんからもアフィリエイトの相談を受けるようになりました。
(関連記事:
1月で1万円の報酬を得る方法と考え方(読者相談メール)


また、7月にこっそり売上げがないサイトにアドセンスを貼り付けて実験をしてみました。
(関連記事:
売上げがないサイトから報酬をあげる方法

●9月~12月:アフィリエイト作成に没頭

9月~12月はこのサイトはほとんど更新をしませんでした。
というのも、子供ができて、来年生まれる予定なので
アフィリエイトを使って本格的に稼ごうと考えたためでした。

父親として、本当に稼がざるを得ないので、
結果として、このような趣味でノウハウを書いていくサイトはほとんど収入にならず
直接収入があるサイトに力を入れるため、
このサイトを見ていただいている皆さんには大変申し訳ないのですが
結果として、このサイトの更新も少なくなってしまいました。
(関連記事
近況報告:2005年、9月、10月の収入報告など

●現状

とりあえず、ある程度の何十万単位の収入は安定して入るようになりました。
そういう意味で、今年アフィリエイトをはじめてみて、
確実に効果が出たので、やってみてよかったとは思います。

一方、収益が出るとこの収入がいつまで続くのだろう?
そう考えることも毎日です。

一度稼ぐサイトを作ってしまえば、安定収入を得られる
そんなイメージもありますが、
その安定収入がなくなるということは、いつ何時でも考えられます。

例えば自分が稼いでいる広告が突然消える、
充分に考えられますよね。

他にはアドセンスの単価が急落する、
そんなことも考えられなくもありません。

●アフィリエイトの成果をあげるのに一番必要なもの、3つ

「努力」と「選定眼」と「読者の為になる情報提供」だと感じました。

(1)「努力」

楽して、アフィリエイトは稼げない、そう感じました。

アフィリエイトは手軽に始められたり、
在庫管理をしなくてもよい、
そんなイメージがありますが、月に10万円以上の収入を得るのを考えるのであれば
それ相応の努力が必要です。

私はこの1年間、自分で本当に努力をした、そう自負しています。
一人で1年間に相当の数のサイトを立ち上げ、
(10や20というレベルではないです。数百のサイトです)
その中で報酬が発生するサイトを選定し、地道にサイトを育て上げてきました。

普通に、ブログを立ち上げて、自分の好きな商品をバナーをただ張って反応を見る
そんな生ぬるい方法では通用しません。

アフィリエイトで稼ぐのなら、他のサイトに引けをとらない膨大な情報をかき集め
記事を1つ1つ作り続ける、
すごく大変で地道な作業が強いられます。

月に1万円もいかない方は、そういう作業ができないからでしょう。

逆に言えば、人が嫌がる、こういう地道な作業を毎日コツコツできれば
月数万円はいく、それは確信しました。

そういう地道な方の作るサイトは、特別なSEO対策を講じなくても
数ヵ月後には、検索エンジンでサイトが上位表示されるのです。
そして、リピータもつきます。

しかし、数ヶ月間待てない、すぐに結果を求める、
だからアフィリエイトで収入が発生しないのでしょう。

アフィリエイトで収入を発生させるには、
まず人一倍の膨大な努力、
そして収入が発生しなくても、つらくても、努力を続けることができる忍耐力、
それが必要だと私は思います。

ただし、月に10万円以上いくには壁がある、そうとも感じました。

(2)「選定眼」

アフィリエイトで収入を得るには、努力が不可欠だという話は上でしましたが
努力だけでは超えられない壁がありました。

それは品物やネタの選定をする目です。

どの分野が、収入が高いのか、
どの分野がライバルが少ないのか、
などです。

同じ努力を費やすにしても、より効率よく、より多い収入を得るため、
物事を選定する必要があります。
そのために必要なのがこのサイトでも何度も書いていますが
「マーケティング」の考え方です。

この選定眼を持つと、同じ努力をしていても、効率よく収入を得られることがわかってきました。
逆に間違った方向に努力をしてしまうと、ビビたる収入は上げられるものの、
大きな収入は得られない、そのことにも気がつきました。

そのため、月10万円以上の収入を得るには、「選定眼」が必要である、
そう私は考えています。

(3)「読者の為になる情報提供」

当たり前といえば、当たり前のことなのですが
以下に「読者の為になるか」
その情報を提供することが必要かということです。

アフィリエイトサイトで成果が出ないといわれているサイトを見ると
たいていのサイトが自分のサイトの商品を売りたいのが見え見栄なことが多いです。

またスパムトラックバック・宣伝書き込みをする方、これも売れない理由の1つですね。
自分のページを見せたいため、過剰な宣伝をするために
ブログのトラックバックをうちまくる、宣伝的な書き込みをブログや掲示板に書き込む、
それで人が集められると思い込んでいるのでしょうね。

しかし、読者の視点は違います。

・自分が欲しい情報があるかどうか
・気持ちよくページを閲覧できるかどうか

が必要です。

スパムトラックバックをされたサイトや掲示板に宣伝したサイトは
サイト運営者にも、そこを見ている読者さんにも、悪印象を与えます。
そのようなサイトには不快感を表し、逆の効果になることがわかっていないのですよね。

努力の方向を間違っているわけです。
そんなことをしている暇があれば、宣伝する間に
1つでも自分のサイトの記事を書いていたほうがよっぽど収入になります。

読者にためになるサイトを作りさえすれば、極端な話
良いサイトを作る→google、yahoo、MSNこの3つに登録する
それだけで収入は得られます。
(収入額が多いかどうかという話は別の話ですけれど)

自分の視点ではなく、読者の視点にたって
物事を考え、そして人に役立つサイトを作る、
そんな努力を積み重ねるサイトこそ、
価値があり、人に認められ、収入も発生する、

それが私が初心に返る副業アフィリエイトを立ち上げて
初心に返って思ったことでした。

来年もこの初心を思い出しながら、サイトを運営していこうと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。